美容液ダイエットシェイクのホットでの飲み方と注意点は?

美容液ダイエットシェイクのホットでの飲み方と注意点は?

 

美容液ダイエットシェイクを使って置き換えダイエットをする場合、いろんな飲み方を試すことで、飽きずに続けやすくなります。

 

そして、美容液ダイエットシェイクはホットでも飲むことができますが、その場合は正しい方法で行うことが大切です。

 

こちらのページでは、美容液ダイエットシェイクをホットで飲むときの正しい方法についてお伝えします。

 

美容液ダイエットシェイクをホットで飲む場合は、シェイカーを使わない

まず注意するべきことですが、美容液ダイエットシェイクをホットで飲みたい場合、絶対にシェイカーを使ってはいけません

 

その理由は、シェイカーにお湯を入れてシェイクした(振った)場合、シェイカーが破裂してケガをしたりやけどをしたりする危険性があるからです。

 

そのため、美容液ダイエットシェイクをホットで飲みたいときは、絶対にシェイカーを使わないようにしましょう。

 

美容液ダイエットシェイクをホットで飲むときの正しい方法

美容液ダイエットシェイクをホットで飲むときには、「用意するもの」を準備したうえで、「正しい手順」で行います。

 

美容液ダイエットシェイクをホットで飲む場合に用意するもの

 

美容液ダイエットシェイクをホットで飲む場合には、以下の3つを用意します。

 

  • 大きめのカップ
  • かき混ぜるためのスプーン
  • お湯200〜250t

 

美容液ダイエットシェイクをホットで飲む場合の正しい手順

 

美容液ダイエットシェイクをホットで飲む場合の正しい手順は、以下のとおりになっています。

 

  1. 大きめのカップを用意し、カップの1/3までお湯を入れる
  2.  

  3. お湯を入れたカップに美容液ダイエットシェイクを1食分入れ、スプーンでしっかりとかき混ぜる
  4.  

  5. カップに追加でお湯を注ぎながら、スプーンでゆっくりとかき混ぜて完成

 

この順番通りにホットの美容液ダイエットシェイクを作ることで、美味しいホットシェイクを飲むことができます。

 

特に、体が冷えているときや寒い季節になったときには、美容液ダイエットシェイクのホットシェイクを飲むことで、体を温めながら置き換えダイエットを続けられるのでおすすめです。

 

お湯の温度は、ある程度低めの方が良い

 

ちなみに、美容液ダイエットシェイクをホットで飲む場合、使うお湯の温度は低めにしておいた方が良いです。

 

その理由は、美容液ダイエットシェイクのホットシェイクを作るときに、熱湯のように熱いお湯を使うと、美容液ダイエットシェイクに含まれるビタミンが熱で減ってしまうからです。

 

熱でビタミンが減るのをなるべく防ぐためには、例えばぬるま湯(37〜40℃)のように、できるだけ低めの温度のお湯を使うのがおすすめです。

 

まとめ

美容液ダイエットシェイクをホットで飲みたい場合、シェイカーは使わず、大きめのカップとかき混ぜるためのスプーンを使います。

 

そして、以下の順番の通りに作ることで、「美容液ダイエットシェイクのホットシェイク」ができあがります。

 

  1. 大きめのカップを用意し、カップの1/3までお湯を入れる
  2.  

  3. お湯を入れたカップに美容液ダイエットシェイクを1食分入れ、スプーンでしっかりとかき混ぜる
  4.  

  5. カップに追加でお湯を注ぎながら、スプーンでゆっくりとかき混ぜて完成

 

また、美容液ダイエットシェイクに含まれるビタミンは熱に弱いため、使うお湯はぬるま湯(37〜40℃)などの「低い温度のお湯」を使うのがおすすめです。

 

体が寒いときや寒い時期には、美容液ダイエットシェイクのホットシェイクで、体を温めながらの置き換えダイエットにチャレンジしてみてください。

 

⇒ 美容液ダイエットシェイクの詳しい情報はこちらです

 

>> 美容液ダイエットシェイクの購入はこちらです