痩せやすい体にするための運動を行い、ダイエットを成功させる

 

ダイエットに運動をとり入れることを考える場合、人によっては「ウォーキング」や「ジョギング」などの有酸素運動の習慣づけを検討することがあります。

 

確かに、有酸素運動を行うことで、体に付いた余分な脂肪の燃焼が期待できます。ただし、有酸素運動は体を動かしている間でなければ、脂肪の燃焼が起こりません。

 

そのため、中には「有酸素運動は、ダイエットのためにやる運動としては効率が悪い」と考える人もいます。それでは、ダイエットにおいて効率の良い運動とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

ダイエットに運動をとり入れる際の考え方:痩せやすい体を作る

 

ダイエットに運動をとり入れたい場合に重要となる考え方として、「痩せやすい体を作る」という思考があげられます。この考え方に沿うような運動をダイエットに取り入れることで、自分の体を「運動をしているときでなくても脂肪が燃焼されやすい体に変えていくことができます。

 

また、私たちの体で消費されるエネルギーのうち、生きていくために最低限必要となるもので、何もしていなくても自然に使われるエネルギーのことを「基礎代謝」といいます。

 

基礎代謝は、脳や心臓などの臓器のほか、筋肉などの組織でも消費されています。そして筋肉は、腕立て伏せなどの筋力トレーニングで強化することができます。筋肉を強くすることができた場合、その分だけ筋肉臭いて自動的に消費されるエネルギーが増えることになります。

 

つまり、筋力トレーニングを行うなどして筋肉を鍛えることで、普段から多くのエネルギーを消耗し続ける痩せやすい体を作ることができます。

 

ダイエットに筋力トレーニングをとり入れる場合の注意点

 

痩せやすい体を作るために筋力トレーニングを行う場合、ぜひ気をつけておくべきポイントがあります。それは、「急に無茶な体の動かし方をしない」ことです。

 

ダイエットに意欲的な人の場合、「できるだけ早く結果を出すために、最初からできるだけきつい運動をやってみよう」と考えることがあります。

 

確かに、ダイエットを前向きな姿勢で取り組むのは素晴らしいことです。しかし、体が強い負荷に慣れていない状態できつい運動を行った場合、大けがをしてしまう可能性が高いです。そのため、最初から無理をしようとはせず、少しずつ体を慣らしながら運動に取り組んでいくことが大切です。

 

また、ダイエットを行うにあたって、トレーニングジムなどに入会して専門家の指導を受ける場合であれば、大ケガなどの危険を回避しやすくなります。さらに、プロの意見をとり入れながら、体を効率よく痩せさせることができます。

 

ただし、ジムなどの施設に通う場合には、たくさんのお金が必要になります。さらに、トレーナーなどの他人からダイエット指導を受けていると、人によっては「ダイエットをやらされている感覚」に陥るケースがあります。この場合、精神的に打たれ強い人でもない限り、途中で挫折してしまう恐れがあります。

 

このことから、精神力が強い人であり、なおかつお金や時間に余裕がある人でない限りは、無理をしてまでダイエットジムに入会するのは避けた方が良いといえます。

 

また、自分の意志で習慣的に筋力トレーニングを行える場合には、ケガなどに注意をしつつ、今の体力でもできそうな筋力トレーニングに取り組むのが良いでしょう。

 

例えば、休日などの空いた時間を使って、無理のない範囲で腕立て伏せやスクワットなどの筋力トレーニングを行うようにします。こうした運動を続けていくことで、自身の筋肉を強化することができます。その結果、自分の体を痩せやすい状態へと近づけるようになります。

 

このように、ダイエットに運動をとり入れる場合、筋肉を強くする運動を行うようにするのが良いです。これによって、何もしていなくてもエネルギーを消費しやすい体を手に入れられるようになります。