体重が減りにくくなっても、ダイエットを継続させるための心構え

 

自分の体形や体重が気になりだしたとき、多くの人はダイエットを始めます。そして、実際にダイエットを始めたとき、なかなか体重が減らないことに悩む人は少なくありません。

 

しかし、ダイエットを成功させるためには、たとえ体重が減りづらかったとしても、適切な努力を続けることが大切です。そこで今回は、体重が減りにくくなっても、ダイエットを継続させるための心構えについて解説します。

 

ダイエットを始めてから成果が表れるまでには、ある程度の時間がかかる

 

ダイエットを始めるとき、多くの人は「なるべく短い期間で痩せたい」と考えます。しかし実際のところ、ダイエットを始めてからその翌日になって、体形が大きく変わることはありません。なぜなら、私たち人間の体には、「現状維持をする機能」が備わっているからです。

 

「現状維持をする機能」があるため、ダイエットを続けてから実際に効果が表れるまでには、どうしても一定の期間が必要になります。より具体的にいうと、早いケースで数日ほど、遅いケースでは数週間〜1ヵ月ほどの期間が経過しないと、ダイエットの効果を実感するまでには至りません。

 

そのため、ダイエットを成功させたい場合には、あらかじめこのことを知っておくことが大切です。

 

「現状維持をする機能」を考慮し、ダイエットを継続させる

 

また、実際にダイエットを開始すると、「現状維持をする機能」が飢餓の危険を察知し、「エネルギーの消費が少ない状態」に体を切り替えます。

 

これにより、以前よりも栄養の摂取量が減ってきたときに、食事からできるだけ多くの栄養をとりいれようとします。また、運動する頻度が増えてきたときには、運動量を少なくするために、「運動したくない」という気持ちを芽生えさせます。

 

ただし、この状況は永遠に続くものではありません。ある程度の期間が経過することで、「エネルギーの消費が少ない状態」が自動的に解除され、「正常にエネルギーを消費する状態」に戻ることができます。

 

これにより、体重の減少や体に付いた脂肪の燃焼などのように、ダイエットの効果が表れてくるようになります。

 

これらのことから、ダイエットを始めてからなかなかその成果が出なかったとしても、あきらめずに根気よく続けていくことが大切です。そうすることで、やがて「正常にエネルギーを消費する状態」に切り替わり、ダイエットの効果を実感できるようになります。

 

極端なダイエットは避けるべき

 

また、ダイエットに取り組む人のなかには、「どうしても短期間で痩せたい」と考え、極端なダイエットに取り組んでしまうケースがあります。例えば、運動に慣れていない人が負荷の強い運動を長時間こなそうとしてしまったり、食事をほとんど摂らないようにしてしまったりします。

 

そして実際のところ、これらの極端なダイエットをするのは避けた方が賢明です。なぜなら、極端な方法でダイエットに取り組むと、「現状維持をする機能」がさらに強く働いてしまうからです。

 

具体的にいうと、きつい運動を行った後や食事を少量で我慢しているときに、強い食欲に襲われるようになります。

 

この場合、食欲に耐えられずにドカ食いしてしまい、そのままリバウンドを起こしてしまう可能性が高いです。また、食事のことを意識しすぎて、日々の生活に支障をきたす恐れもあります。これらのことから、短期間で痩せようと考え、極端なダイエットに取り組むのは避けた方が良いです。

 

このように、人の身体には「現状維持をする機能」が備わっています。そのため、ダイエットに取り組んで実際に成果が現れるまでには、早くても数日ほどの期間がかかってしまいます。

 

しかし、あきらめずにダイエットを継続していくことで、ダイエットの効果を実感できるように体が変化していきます。そのため、ダイエットの成果がなかなか出なかったとしても、根気よく続けていくことが重要になります。