ダイエット中に、肉のタンパク質を摂らないと太りやすくなる

 

ダイエットを行う場合、人によっては「肉を食べると太るのではないか」と考え、肉を食べないようにするケースがあります。

 

しかし実際のところ、十分に肉を食べなければ、痩せやすい体を作ることはできません。そのため、肉を食べないようにすればするほど、ダイエットの成功から遠ざかることになってしまいます。

 

そこで、ここではダイエット中に肉を食べることの重要性について、さらに掘り下げて解説していきます。

 

肉に含まれる重要な栄養素:タンパク質

 

肉に含まれる主な栄養素の1つとして、「タンパク質」があげられます。タンパク質は、筋肉や脳、臓器、皮膚など、人体のさまざまな部位を構成する材料になります。

 

そして筋肉などの組織は、私たちが何もしていない状態であっても常にエネルギーを消費し続けています。そのため、体に付いている筋肉の量が多ければ多いほど、たくさんのエネルギーを消費する痩せやすい身体になります。

 

その一方で、普段から肉を食べないようにしていると、体内に十分にタンパク質を摂り入れることができません。これにより、体に付いている筋肉が次第に落ちてしまい、徐々に痩せにくい体に変わってしまいます。

 

さらにいうと、肉を十分に食べていない場合、身体のさまざまな部位の材料となるタンパク質をしっかりと補充することができません。すると、体が太りやすくなるだけでなく、体の機能が正常に働きにくくなってしまいます。その結果、体調不良を起こしやすくなってしまいます。

 

このように、肉に含まれるタンパク質を食事などで十分に摂取しないと、体は痩せるどころか太りやすい方向に向かってしまいます。それだけでなく、体の働きが正常でなくなり、体を壊しやすくなってしまいます。

 

こうした事態を避けるためには、肉に含まれるタンパク質の重要性を理解し、積極的に肉を食べることが大切です。

 

食べる肉を選ぶときのポイント

 

ダイエット成功のために肉を食べる場合、肉のなかでもタンパク質を多く含むものを中心に食べるようにするのが重要です。

 

具体的な例としては、鶏の胸肉やささみなどがあげられます。また、鶏肉以外の肉を食べる場合、赤身の多い肉を積極的に食べるとタンパク質をしっかりと摂取しやすくなります。

 

その一方で、牛肉のカルビやサーロインステーキなどは、肉類の中でも脂身の割合が大きいものです。そして、脂身が多い肉の場合、タンパク質よりも脂質を多く含む傾向にあります。

 

脂質はタンパク質と同様に、身体にとってなくてはならない大切な栄養素です。例えば、皮膚の表面を守る皮脂の材料になったり、体内で重要な働きをするホルモンなどの材料にもなります。

 

ただ、脂質を多く含む肉類を多く食べる場合、どうしても胃がもたれてしまう傾向にあります。この場合、体に必要な脂質を十分に摂ることはできたとしても、タンパク質をしっかりと摂取する前に食事を終えてしまう可能性があります。

 

また、体内で重要な働きをする脂質であっても、極端な摂り過ぎは体に悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

このことから、肉に含まれるタンパク質を摂取する場合、鶏の胸肉や赤身の肉などのように、タンパク質を多く含む肉類を中心に摂ることが重要です。そうして、牛肉のカルビなどのように、脂身が多い肉はできるだけ食べ過ぎないようにした方が良いでしょう。

 

このように、肉に含まれるタンパク質は、ダイエットを成功させる上で欠かせない栄養素です。そして、肉を避けることでタンパク質の摂取が減ると、体が太りやすい方向に傾くだけでなく、健康を害してしまう恐れがあります。

 

そのため、タンパク質を多く含む肉を積極的に摂り、健康的にダイエットできるように心がけましょう。