ダイエット中の飲み会での注意点:空腹で参加してはいけない

 

ダイエットの中の人によっては、飲み会に何度も参加するケースがあるかもしれません。そして、飲み会に参加することに対して、「食べ過ぎを起こして太りやすくなる」と考える人がいるかもしれません。

 

しかし実際のところ、食事の摂り方などのポイントを押さえていれば、飲み会が続いても肥満を起こさずにすむようになります。そこで、ダイエット中に飲み会に参加する場合の注意点について解説していきます。

 

ダイエット中は、空腹状態で飲み会に出てはいけない

 

飲み会に参加することが分かっている場合、人によっては「飲み会に備えて食事の量を少なくしておこう」と考え、飲み会当日の朝食や昼食を減らすことがあるかと思います。実際のところ、これはやめておいた方が良い行動です。

 

飲み会に参加する前の食事量が少ない場合、強い空腹を感じている状態で飲み会に出ることになります。この場合、食欲を抑えることができず、飲み会が始まった直後から、ご飯ものやフライドポテトなどの太りやすい食品をたくさん食べてしまいやすいです。

 

さらに、お酒を飲んだ場合、肝臓の働きがお酒に含まれるアルコールを分解することに集中するようになります。そのため、お酒を飲みながら食事を摂る場合、肝臓が「食べた物からエネルギーを取り出して貯め込む働き」を行わなくなってしまいます。

 

その結果、食べた物に含まれるエネルギーが、そのまま脂肪として蓄えられるようになります。つまり、お酒を飲みながら食べた物は、脂肪として蓄えられやすいのです。

 

このように、強い空腹感に押されて、お酒を飲みながら太りやすい食品を摂り過ぎた場合、体を太る方向に向かわせてしまうことになります。こうした事態に陥らないためにも、飲み会に出席する際には、空腹状態で行かないようにすることが重要です。

 

ダイエット中は、飲み会に出る前に小腹を満たしておく

 

ダイエット中に飲み会に参加する場合、会場となる店などに到着する前に少し食べておくことが大切です。これによって、飲み会の始めからドカ食いしてしまう危険性を避けられるようになります。ただし、あらかじめ小腹を満たしておくにしても、適切なものを選んで摂ることが重要です。

 

飲み会の前に食べると良い食品の1つとして、おつまみ昆布があげられます。おつまみ昆布は、スーパーやコンビニなどで買うことができ、お菓子やおつまみのコーナーで見かける食品です。

 

おつまみ昆布には、食物繊維が含まれています。食物繊維は、その後に摂る糖質の吸収を抑える働きがあるため、ダイエット中に有効な成分です。

 

さらに、おつまみ昆布はたくさん噛んで食べる食品のため、満腹感を覚えやすいです。このことは、飲み会参加時の食べ過ぎを防ぐのに重要なポイントです。

 

その他にも、飲み会に出る前に食べておくと良い食品として、チーズがあげられます。チーズを食べた場合、チーズに含まれる乳脂肪の膜が胃の内側をおおいます。これにより、お酒を飲んだときに悪酔いを起こしにくくなります。

 

さらに、チーズは腹持ちが良いため、食べた後に食欲を感じにくくなります。これにより、飲み会での食べ過ぎを防ぐことが期待できます。

 

また、飲み会に出る前に食べておくと良い食品には、その他にも、ナッツ類、漬物、ゆでたまごなどがあげられます。

 

ここで取り上げた食品を飲み会に出る前に少し食べておくことで、ダイエットの失敗を避けられるようになります。

 

また、コンビニやドラッグストアなどでは、ウコンを使ったドリンク剤が販売されています。ウコンを使ったドリンクは、飲み会での悪酔いを防ぐために有効です。そのため、飲み会に参加する前には、先ほど挙げた食品に加えてウコン入りドリンクを飲むようにしてみてください。

 

このように、ダイエット中に飲み会に参加する場合には、前もっておつまみ昆布やチーズなどの食品を少量食べておくことが重要です。これによって、飲み会でドカ食いを起こす心配がなくなり、ダイエットに支障をきたさずに飲み会を迎えられるようになります。