ダイエット中の飲酒の注意点と飲酒後の食欲の抑え方

 

人によっては、ダイエット中であっても飲み会などに出てお酒を飲むことがあるかもしれません。このとき、お酒の飲み方を工夫することで、ダイエットにあまり支障をきたさずにお酒を楽しむことができます。

 

また、飲み会などで飲酒と食事を十分にとった後であっても、人によっては空腹感を覚えてしまうことがあります。このとき、空腹を抑えられずに食事をとってしまうと、ダイエットの成功から遠ざかる恐れがあります。

 

そこで、「ダイエット中にお酒を飲むときの注意点」と「飲酒後の食欲の抑え方」について、それぞれ解説してきます。

 

ダイエット中の飲酒で気をつけるべきポイント

 

飲み会では、ビールを注文して乾杯するところから始まることが多いです。また人によっては、ビールを2杯以上飲むケースがあるかと思います。

 

基本的には、ビールやワインのような醸造酒(じょうぞうしゅ)よりも、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒の方が、摂取カロリーを少なく抑えられます。

 

そのため、ダイエット中にビールなどの醸造酒を何杯も飲むのは避けた方が良いといえます。そして、ビールは最初の1杯か2杯くらいまでにとどめ、3杯目以降はハイボールなどの蒸留酒にするようにしましょう。

 

また、飲むお酒を切り替えるときにオススメのお酒として、「ウーロンハイ」があげられます。ウーロンハイとは、「焼酎などをウーロン茶で割って作ったカクテル」のことです。

 

ウーロンハイの材料の1つであるウーロン茶には、「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分が含まれています。ウーロン茶重合ポリフェノールには、脂肪の吸収を抑える働きがあります。そのため、ダイエット中に飲み会に出席する場合には、ぜひウーロンハイを飲むようにしてみてください。

 

またお酒を飲んでいると、肝臓は「お酒に含まれるアルコールの処理」に追われるようになります。このとき食べたものは、肝臓による処理を十分に受けられず、脂肪として溜め込まれやすくなってしまいます。

 

つまり、お酒を飲みながら食事をとるのは、お酒を飲まずに食事をとるときに比べて太りやすいといえます。そのため、お酒を飲みながら食事をとるときには、枝豆などのカロリーや糖質が少ないものを選ぶのが良いでしょう。

 

なぜ飲酒後に食欲が出てしまうのか

 

飲み会で飲酒と食事を十分に摂った後であっても、食欲がわいてしまうことは多いです。例えば、飲み会の終了時に「締めのラーメン」などを食べたくなってしまいます。

 

それでは、なぜ飲み会でしっかりと食事をとったはずなのに、飲み会の後で食事をとりたくなるのでしょうか。このことには、飲み会の内容が関係しています。

 

基本的には、飲み会では食事や飲酒よりも、仲間同士でコミュニケーションをとることに意識を集中します。そして、脳は同時に1つの物事しか処理できません。

 

つまり、コミュニケーションに意識が強く向いてしまうことで、「食事をとった」という感覚が薄れてしまいます。これにより、飲み会でたくさん食べた後であっても、「締めのラーメンが食べたい」などの気持ちが芽生えてしまいます。

 

このような食欲を抑えるには、そのためのテクニックを知って実践することが重要です。

 

飲酒後の食欲は、食べたものを思い出して抑え込む

 

飲み会終了後の食欲に従って食事をとってしまうと、栄養の摂り過ぎで肥満に近づく恐れがあります。そこで、飲食後の食欲を抑える方法を身に付けることが大切です。

 

飲食後に何かを食べたくなった場合、「飲み会で食べたものをできるだけ詳しく思い出す」ことが有効です。これを行うことで、脳に「食事をとった」という感覚を植え付けることができます。その結果、飲酒後の食欲を抑えることができ、「締めのラーメン」を避けられるようになります。

 

このように、ダイエット中にお酒を飲む場合には、なるべく早い段階で「ウーロンハイ」に切り替えることが大切です。そしてできることなら、お酒を飲みながら食事をする場合、カロリーや糖質が少ないものを食べるようにするのが賢明です。

 

また、飲み会終了後の食欲は、飲み会で食べたものを鮮明に思い出すことでかき消すことができます。これらのテクニックを有効活用し、ダイエットを成功させましょう。