体内で脂肪に変わる糖質を抑え、ダイエットに成功する

 

世の中には、ご飯などの主食やチョコレートなどの菓子類のように、糖質を多く含む食材がたくさんあります。

 

そして、大量の糖質を含む食品をダイエット中に摂り過ぎてしまうと、ダイエットに成功できなくなる可能性が高まってしまいます。なぜなら、食事などで体内に摂り入れた糖質は脂肪に変えられ、体内に溜め込まれてしまうからです。

 

そこで、ここでは「体内に入った糖質が、どのようにして脂肪に変わるのか」と「ダイエット中にどのような食事を摂ればいいのか」について、それぞれ解説していきます。

 

糖質が脂肪に変わるまでの流れ

 

糖質を含む食品を食事などで摂り入れると、その食材は体内で消化・吸収されます。このとき、食品に含まれていた糖質が血液中に送られます。すると、血液中に含まれる糖質の値である「血糖値」が上昇します。

 

そして、大量の糖質を含む食品を摂っていた場合、血糖値は一気に上がってしまいます。すると、これによって体内にある血管などの組織が傷つけられてしまいます。これを防ぐため、私たち人間の体内には、血糖値の上昇を抑えるシステムが存在します。

 

食事などで血糖値が上がった場合、すい臓という臓器から「インスリン」というホルモン(体内の化学物質)が放出されます。そしてインスリンの働きによって、上がっていた血糖値が低下します。

 

インスリンによって血糖値が下がるとき、それと同時に血液中に存在する糖質が中性脂肪に変えられます。このとき発生した中性脂肪は、体内に蓄えられてしまいます。

 

さらにいうと、大量の糖質が体内に入り込んだ場合、その分だけインスリンが多く分泌されます。そして、血液内に存在する大量の糖質が中性脂肪へと変換されます。つまり、食事などによって糖質を摂れば摂るほど、体が肥満に向かっていくことになってしまいます。

 

このように、糖質を含む食材を多く摂る食生活では、インスリンの働きで大量の中性脂肪が体に付いてしまいます。その結果、ダイエットの成功から遠ざかることになってしまいます。

 

このような事態に陥らないためには、「ダイエットの成功につながる食事方法」を理解して実践することが重要になります。

 

ダイエットに有効な食事方法とはどのようなものか

 

先ほど述べたように、糖質を多く含む食材は血糖値を急激に上昇させ、結果的に肥満を招いてしまいます。

 

その一方で、血糖値を上げにくい食品を摂った場合、インスリンの分泌量は少量に抑えられます。その結果、身体に蓄えられる中性脂肪の量も少なくなります。

 

このことから、血糖値の上昇が少ない食材を中心に摂るようにすれば、余分な脂肪が付いていないスリムな体に近づくことができるといえます。

 

血糖値の上昇が少ない食材にあてはまるものとしては、肉や魚、卵などの動物系食材があげられます。その他のものとして、葉っぱの野菜や海藻類、キノコなども血糖値をほとんど上昇させない食品にあてはまります。

 

そのため、これらの食品を中心とする食生活を身に付けることが、ダイエットを成功させる上でとても重要になります。

 

その一方で、血糖値の上昇を招く食品としては、ご飯・パン・麺類などの主食の他、ケーキなどの菓子類、オレンジジュースなどのジュース類があげられます。そして、これらの食品を摂り過ぎると、体を肥満に近づけてしまうことになります。

 

そのため、ダイエットを行っているときには、これらの食品をあまり摂り過ぎないようにすることが大切です。

 

このように、ダイエットを成功させたい場合、血糖値を上昇させやすい食材をできるだけ避けることが重要です。これによって、体内に余分な脂肪が付きにくくなり、結果的に痩せられるようになります。

 

そのためダイエットを行っている場合、最初はできる範囲でもいいので「糖質を多く含む食材」を避け、「血糖値の上昇が少ない食品」を食べるようにしてみてください。