普段の活動に運動を組み込み、運動を習慣化させて痩せる

 

ダイエットの成功を考える人によっては、「ダイエットに運動をとり入れること」を視野に入れます。もちろん、ダイエットに運動を上手にとり入れることで、ダイエットの成功に近づけるようになります。

 

ただし、ダイエットに運動をとり入れるにしても、場合によっては運動をうまく続けることができず、ダイエットに挫折してしまう恐れがあります。

 

こうした事態を避けるためには、「ダイエットに成功するために、運動をどのようにとり入れるべきか」について考えたうえで、自分に合ったとり入れ方をすることが大切です。

 

そこで、ダイエットに運動をとり入れるときの考え方やポイントについて解説していきます。

 

新しく運動の習慣を身に付ける場合の注意点

 

ダイエットのために運動をとり入れようとする場合、人によっては「休日や空いた時間などを使って運動の習慣を身に付ける」ことを考えます。

 

確かに、運動の習慣を身に付けることによって、より多くのエネルギーを消費することになります。これにより、運動を始める前よりも、体重を減らしやすくすることができます。

 

しかし、運動の習慣を身に付けようとしたとき、場合によっては「仕事が忙しくなった」「友人から遊びの誘いがきた」などの事情により、運動の時間を思うようにとれなくなってしまうことがあります。

 

このようなことが何度も続いた場合、人によっては途中でダイエットをあきらめてしまう恐れがあります。

 

また、ダイエット中の人のなかには、「あらかじめスケジュール帳に『運動をする日』を書き込み、後から予定を入れないようにする」といった方法をとっている人がいるかもしれません。

 

この方法で運動を続けていけるのであれば、特に問題はありません。しかし、仕事をしていたり学校に通っていたりすると、どうしてもスケジュールに加えなければならない用事が現れがちです。

 

例えば、会社勤めの人であれば、残業や休日出勤などが急に決まることがあります。その一方で、学生であれば部活動や学校内のイベントなどで、運動に当てるはずの時間を削らなければならないことがあります。

 

このような出来事が何度も重なってしまうと、運動に対するモチベーションが下がってきてしまいます。そして高い確率で、ダイエットに挫折してしまいます。

 

普段の動きに運動の要素を加え、運動を習慣化して痩せる

 

普段から急な用事が多くて運動をする時間を思うようにとれない場合、日常的に行っている活動に運動をとり入れるのが有効です。

 

例えば、デパートやショッピングモールなどに行ったとき、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段の昇り降りをするようにします。これによって、以前に比べてエネルギーの消費が増え、さらに足などにある筋肉を鍛えることができます。

 

また、普段から電車を利用することが多い場合には、席が空いていても座るのを避け、目的の駅まで立った状態で過ごすようにします。これを繰り返すことで、以前よりも足腰などが鍛えられ、痩せやすい体に変えていくことができます。

 

このような形で、運動の要素を日常的な活動に組み込むことによって、普段から消費するエネルギーが増え、体を引き締めていくことができます。

 

もちろん、このような活動を始めたばかりの頃は、自分で意識して行動に移さなければ習慣化させることができません。

 

しかし、「日々の活動に運動をとり入れる」という行動を意識的に何度も繰り返しているうちに、それほど意識しなくてもその行動がとれるようになっていきます。

 

この状態になることができれば、自分のモチベーションに関係なく運動できるようになります。これにより、簡単に運動を継続できるようになります。

 

このように、急な用事などで運動ができない場合、人はダイエットに挫折しやすくなってしまいます。こうした事態を避けるには、普段の活動に運動を組み込むことが効果的です。

 

これにより、どれほど忙しい人であっても運動を継続でき、痩せやすい体を作ることができます。